映画 PR

映画「20世紀少年 第2章」感想レビュー【良かったのは1つだけ】

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

このページに書いてあること

映画「20世紀少年 第2章」を見た感想として、良かったところを「1つ」、悪かったところを「5つ」書きました。

人気マンガの実写映画「20世紀少年」を第1章〜最終章まで3つ全部見ました。

言いたいことが多すぎたので3つに分けました。「20世紀少年 第1章」に関しては言いたいことを15個も言わせてもらいました。

今回は続編となる「20世紀少年 第2章 最後の希望」です。

なお、この「20世紀少年」に関してですが、

なのでキャラクターが「原作と似ている」とか、CGが「しょぼすぎる」とか。そう言った感想ではなく、

1つの映画として「20世紀少年 第2章 最後の希望」のレビューとして、良かったところ&悪いところに分けて「6つ」書きました。



良かったところ

小池栄子

令和の現在でさえドラマや映画に引っ張りだこの小池栄子。

彼女の演技は、宗教団体のリーダーって感じで頭のネジ外れてる感じがあってたし、不敵に笑うところとかゾッとしたし、あの明るい態度が逆に怖さを増していて、彼女に宿られた狂気が演技の・・・

とか全部置いておいて、あの胸。

パツパツのTシャツ姿。そっちに目と意識がいっちゃって、内容が全然入ってきませんでした。

良かったところは、以上です。

悪かったところ

警察が撃ったショットガン

ゲイのブリトニーが佐藤二朗演じる警察官に撃たれて殺されるシーン。

あれ、変ですよね?

ブリトニーのおでこに「ピッシュ…」と穴が空いて殺されてしまいます。『あ!スナイパーに撃たれたのか!』と思ったら…ショットガンを構えた警察官…

いやショットガンて散弾銃ですよね?散弾銃ですよ。文字通り「弾が散る」んですよね。

「ピッシュ…」なんてスマートにいかない。「ドヴァシャー!」みたいになりますし、食らった方は「バァァシャドウ!」ってなります。バイオハザードでゾンビ相手にさんざん見てきたから、俺は。

銃が身近にない日本人でもショットガン=散弾銃っていうのは多少知られていると思いますが…監督とか演出とか出演者とか…誰も知らないの?

っていうか誰もゾンビに追い回されたことないの?

荒野にポツンとある公衆電話

秘密の連絡できるポイントとして周りに何もない公衆電話をユキジが使ってましたね。

あんなポツンと公衆電話が残されることとかあるんですか?

怪しすぎるし、あんなとこに女性が一人って逆に目立ちそうな。

サダキヨが怖すぎる

あんな眉毛がないようなやつが臨時の英語教師とか怖すぎる。

そしてあの顔と目つきで女子高生を見て『あれが遠藤カンナか…ふぅん』とか。

というか『ふぅん』なんて実際に言葉にしている奴、絶対やばいだろ。

そんな特殊なやつがあの見た目で英語教師とか。あの顔で”How are you?”とか言われても”I’m fine, thank you”とか言えない。

東京都の教育委員会は何を考えているんだ。こんなヤツに教員免許を発行すな。

マルオがマネージャーなのに気づかれない

テロリストとして祭り上げられ、逃げ回ってるマルオが普通にテレビに出ちゃってる。

いや、どういうこと?

もっと目立たない努力をしろ。変装とか整形とか色々あるだろ。

しまいにはあんな目立つ赤のスーツ着ちゃって。服装だけ見たらジョーカーだからね。

平愛梨のカンナ

いや、ものすごい可愛いんです。もう本当に可愛い。

髪型も当時の流行りなのかちょっと外に跳ねた感じで似合ってるし、目力も強いし、主人公感100%の女の子。

ただね。なんか話している時に全部「演技感」が出ちゃってませんか?

きっと平愛梨ちゃんは真面目なんだと思うんですよ。ちゃんとセリフに乗っかって、ちゃんとセリフ通りの演技をしてる。だから「演技感」の塊みたいで。

『あんたも…どうせグルなんでしょ?!』

『教えて…私の友人はそこに行かされたの!』

『私に関係がない?!…ねぇ!本当にそう思ってるわけ!?』
引用:20世紀少年 第2章

なんか演技が全部「日曜の9時からやってる仮面ライダー」みたいなんですよ。

そのうち『許せないっデストロン!』とか言い出さないかヒヤヒヤしました。

この実写版「20世紀少年」は後半にいくにつれて評価下がってますが、個人的には「平愛梨のカンナ」が原因だと思ってます。

いや、めちゃくちゃ可愛いんだけどね!

「20世紀少年 第2章」はプライムビデオで

20世紀少年はプライムビデオで配信中。(2024年6月現在)

他にもおすすめ映画の紹介や感想を書いています。

お時間ある方はぜひ。

「20世紀少年」の記事はこちら

映画「20世紀少年 第一章」感想レビュー【言いたいことが15個もある】

映画関連の人気記事はこちら

プレデター目線で振り返る、映画「プレデター」感想|ネタバレあり

良質ミステリーだけどクズな男ばかりの映画「リピーテッド」感想

【感想】映画「NOPE/ノープ」は人間という生物に対する恐怖映画でした|ネタバレレビュー

RELATED POST